その他小児歯科歯周病虫歯

歯医者の定期検診を受ける事のメリット

  • その他
  • 2018.08.17

皆さんは歯の定期検診には行かれていますか?

歯科の先進国、欧米諸国は定期検診率が50%以上あるのに比べ、日本の歯科定期検診は10%前後

という統計があります。

最近は歯のホワイトニングや歯科矯正が大きく注目を集めている日本ですが、虫歯や歯周病の

予防として歯の定期検診に行く習慣も身につくといいですね。

 

今回は歯の定期検診に行ことのメリットについてお伝えしていきたいと思います。

 

 

《目次》

◆歯の健康と体の健康について

◆歯が失われる原因

◆歯周病になる原因

◆虫歯になる原因

◆歯科定期検診に行くことのメリット

◆まとめ

 

 

 

 

◆歯の健康と体の健康について

食事をすることは命を支える大切なことです。

人生100年時代に突入したからこそ、自分の歯を大切にして自分の口から食事を取ることは、

今以上にもっと大切になってくるのではないでしょうか。

80歳の年齢で自分の口から食事を取る上で必要な歯は20本以上保つことが推奨されています。

現状では80歳の歯の平均本数は14本。

20本以上を保てているのは、なんと全体の3分の1。約38.3%です。

それではなぜ歯が年齢とともに失われて行くのでしょうか?

 

◆歯が失われる原因

歯が失われていく原因は、大きく分けて歯周病と虫歯の2つがあります。

どちらも「磨き残し」や「口の中にいる細菌」によって歯茎が炎症を起こしたり、

歯に穴が開くことで重症化し、結果として歯を失うことになってしまいます。

 

▪️歯周病

お口の中にはたくさんの細菌がいます。正しいブラッシング(歯磨き)ができていなかったり、

糖を摂取しすぎると歯垢(プラーク)となります。

この歯垢(プラーク)には1mgの中に10億近い細菌がいて、これが歯周病や虫歯の原因を

作り出しています。

歯垢が長い期間お口の中に留まっていると、やがて固まり「歯石」となります。

歯石はとても硬いので歯ブラシでは除去することができません。

歯周病はこの歯石の中に含まれる歯周病菌が歯肉に炎症を引き起こして、

歯を支えている骨を溶かしていき、最終的には支えが無くなることで歯を失ってしまいます。

 

◆歯周病になる原因

・正しいブラッシングができていない

正しいブラッシングができていないとプラークを除去できません。

 

・糖尿病

歯周病により、歯茎の中で作り出される炎症性物質は、血液を介して血糖をコントロールする

インスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させる可能性があります。

糖尿病になると感染症への抵抗力が落ちるため、結果として歯周病の進行が早まり歯周病と

糖尿病の負のサイクルを生みます。

 

・喫煙

タバコに含まれる化学物質が歯肉からの出血を抑えたり、歯肉を硬くするため歯周病が

気づきにくくなります。

 

・お酒

お酒自体が直接原因ではなく、大抵の場合、お酒を飲んだ後は歯を磨かずに寝てしまうことが

原因となります。

 

・ホルモンバランス

妊娠している女性は口の中に分泌されるホルモンの影響で歯周病にかかりやすくなります。

 

・口呼吸

口呼吸は口の中が乾きやすくなり唾液による殺菌作用がなくなります。

このため歯周病の原因である歯垢(プラーク)がたまりやすくなります。

 

 

 

▪️虫歯

虫歯になる原因はミュータンス菌などの虫歯菌です。虫歯菌は食事の糖分をエサにして

体に取り込み、代謝物として歯を溶かす酸を出します。

ただし、すぐに酸で歯を溶かしていくのかと言うとそうではありません。

唾液の働きで酸を中性に戻そうとするのですが、ある一定の濃度になるとなかなか中性に

戻りにくくなるのです。

中性に戻らず酸が歯を溶かしていくことを「脱灰」といいます。

唾液の働きで中性に戻そうとすることを「再石灰化」といいます。

虫歯ができないお口の中は、この脱灰と再石灰化がバランスよく行われている状態なのですが

何らかの原因でこのバランスが崩れると、虫歯になるという仕組みです。

 

◆虫歯になる原因

・正しいブラッシングができていない

正しいブラッシングができていないとプラークや歯石を除去できないためです。

 

・間食が多い

食事をするたびに虫歯菌は糖を栄養として酸を作り出し、脱灰を進行させます。

間食が多いということは食事回数が多いということです。食事回数が多いことで脱灰と

再石灰化のバランスが崩れ虫歯になります。

 

・虫歯菌の数が多い

虫歯菌(ミュータンス菌)の数は人それぞれ違います。間食も少なくしっかり

歯磨きもできているのに虫歯になりやすい方は虫歯菌が多い場合があります。

そもそもミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在せず、

ご両親や身近な方から感染します。

小さなお子様をお持ちのご両親は、自身の虫歯菌をお子様に感染させないためにも、

お口の中の状態はきちんとしておきたいですね。

 

・歯の質が弱い

歯の質が弱いと歯が酸に溶かされやすくなるため虫歯になりやすいです。

 

・唾液の量や質

唾液には虫歯菌が出した酸を中和させる働きがあります。

唾液の量が少ない方や細菌の繁殖を抑制してくれる緩衝作用も個人差があるので、

唾液の量や質も虫歯の原因となります。

 

◆歯科定期検診に行くことのメリット

歯周病や虫歯の原因に共通していることは細菌がちゃんと除去できているかどうかです。

歯磨きを毎日行っていても、なかなか歯ブラシが届きにくい場所もあるので磨き残しや

正しいブラッシング方法を確認する上でも歯科の定期検診に行くことは大切です。

また虫歯や歯周病の早期発見、早期治療を行うことによって治療期間、

治療費用にも差が出てくるので3ヶ月から半年に一度は定期検診にいくことをおすすめします。

 

◆まとめ

いかがでしたか?今までは「歯医者さんは虫歯になったから行く」と思っていた方も

歯科定期検診の大切さをお分かりいただけたのではないでしょうか?

ホワイトニングや審美歯科などの見た目の綺麗さも大切ですが、体の健康と

歯の健康の関係性は大きく関わっていることが分かっています。

歯科の定期検診に通って、体も歯もいつまでも健康でいたいものですね。