歯周病

口臭でお悩みの方必見!気付かないと恐い口臭と歯周病の関係性

  • 歯周病
  • 2017.10.12

目次

口臭の種類

歯周病と口臭の関係

口臭を抑えるためには

まとめ

 

子供に「パパのお口くさ~い!!」

パートナーに「あなたお昼何食べたの?」

など自分では気づいていない口臭で、指摘を受けたことはございませんか?

一度指摘を受けたら、自分では気づきにくいため余計に気になってしまいます。

お口の中のトラブルにおいて、多くのご相談をいただく「口臭」。

これは食べ物や体質だけでなく、実は歯周病とも密接な関係があることをご存知でしょうか?

歯周病の治療を行うことが口臭の対策にもなり、身体の健康に対しても良い影響を与えますので、今回は「口臭と歯周病の関係性」についてご紹介いたします。

 

口臭の種類

単純に口臭と言っても、その要因は様々ございます。大きく分けて5つの要因があります。

臭いの強い食べ物だけが口臭の要因ではないのでご注意ください。

 

≪生理的な口臭≫

口臭は誰にでもある臭いです。起床した直後、お腹が空いた時、極度に緊張した時は特に臭いが強くなります。

その原因は唾液にあります。これらの状態の時は唾液の分泌量が減少します。

唾液にはお口の中の細菌を洗い流す役割もあるので、唾液の分泌量が減るとお口の中の細菌が増殖します。

すると細菌が口臭の原因になる物質を作り出します。

歯磨きで細菌を落としたり、水分補給や食事で唾液量が増えれば口臭は弱くなります。

特に治療を行う必要は無いので、規則正しい生活習慣を心掛けてください。

 

≪飲食物やタバコによる口臭≫

ニンニク、ニラ、お酒、コーヒー、タバコ等その物に強い臭いがあるものを摂取することによる口臭です。

このような外的要因の口臭は一時的なものなので時間が経つにつれて弱くなっていきます。

ただし、ヘビースモーカーの方はニコチンやタールの臭いがお口の中に残り簡単に落とすことはできません。

またタバコは歯周病のリスクを高くすることも確認されています。

煙草と歯周病の関係性は日本歯周病学会でも発表されています。

参考:http://www.jacp.net/perio/cigarette/

 

≪ストレスによる口臭≫

ストレスを感じた時は唾液量が減り口臭が強くなります。

ストレスや緊張により自律神経が乱れ、交感神経が優位になると唾液の分泌量が減ります。反対にリラックス状態では副交感神経が優位になり、唾液の分泌量は増えます。ストレスが原因で口臭がするという方は、自律神経のバランスを整えるようにすると口臭も気にならなくなるでしょう。よく噛んで食事をしたり睡眠を多くとることだけでも効果的ですよ。

 

≪心理的口臭≫

自分で自分の息が臭いと思うことで感じる口臭です。

本当は臭くないのに自分の息が臭いと思い込んでいる状態で、自臭症とも呼ばれます。

他人から「口が臭い」と指摘されたことを口臭が治った後も引きずり、自臭症に陥るケースもあるようです。

 

≪病的口臭≫

病的口臭の主な原因はお口の中の病気によるもので

「歯周病」「虫歯」「歯垢や歯石」「舌の表面に付く細菌の固まり」「入れ歯の清掃不足」などがあります。

また、呼吸器や消化器系、糖尿病や肝臓疾患などの要因が口臭の原因となる場合がございます。

病気の治療をすることにより口臭を減らすことができます。

 

 

歯周病と口臭の関係

歯周病はお口の中の病気で、歯を失う原因としては虫歯よりも多いという結果も出ている危険な病気です。

日本人の約8割が掛かっている病気とも言われています。

歯周病は、歯と歯茎の間に歯垢が残り、時間が経つとともに歯石になり歯茎に炎症を引き起こします。

症状が進むと歯槽骨という歯を支えている骨を溶かしていき、支えを無くした歯が抜けてしまいます。

歯周病になったからといって、いきなり歯が抜けたり口臭がするという訳ではなく、痛みを伴わずジワジワと進行していきます。

 

口臭は歯周病の進行度合いにおいて左右されます。

 

≪歯周病の進行度合い≫

軽度の歯周病は、歯に付着している歯周病菌が原因で、歯茎に炎症を起こします。

最近では歯周病と言わず「歯周炎」とも呼ばれます。

歯磨きをすると少し血が出るかもしれませんが、正しい歯磨きをすることにより改善されます。

この段階では、口臭は出ないでしょう。

 

中度の歯周病では、歯茎が腫れ、歯磨きをすると出血のリスクが高くなります。

歯槽骨も溶け始め、歯と歯茎の間も広くなります。

歯石が付着しているため、これが口臭の原因になります。腐った玉ねぎのような臭いが特徴です。

 

重度の歯周病では、歯槽骨がさらに溶けていき、歯茎からの出血も増えます。

歯槽骨が溶けると、そこから膿が発生します。この段階になると強烈な臭いを発します。

歯周病は痛みなどの自覚症状が少ないため、口臭によって歯周病に気付く方もいらっしゃいます。

 

 

口臭を抑えるためには

歯周病の進行と口臭の悪化はセットになっているため、歯周病の治療を行うことが口臭を抑える事にもなります。

歯周病が進行する原因となる歯石を取ることにより、歯石が原因の口臭の対策になり、歯茎の炎症が治まってくれば膿や出血による口臭も抑えることができます。

ただし、どんなに丁寧に歯磨きを行っていたとしても、汚れを全て落としきることはできません。

歯ブラシだと約60%、歯間ブラシやデンタルフロスを合わせて使うと約80%まで汚れを落とすことができます。

残りは歯科医院で専用の器具を使うことで落とすことができます。

その為、定期的に歯科医院に通い汚れや歯石を落とすことが結果的に口臭を抑えることになります。

 

 

まとめ

口臭の原因は様々あるということはご理解いただけましたでしょうか。

その中でも、お口の中の病気が原因で起こる口臭が多いですが、歯磨きなどのケアをしっかり行って入れば口臭の発生を抑えることができます。

口臭はただ息が臭くなり、他の人に迷惑がかかるだけでなく、自分の身体の病気のサインでもあります。

口が臭いと指摘を受けたら素直に受け入れ、歯科医院に相談をするとよいでしょう。

 

執筆/ひらかわ歯科医院 院長 平河貴大